ブログ詳細

投稿日 2020.09.14

テストブログ 「一目置かせる」

こんにちは~芝ほるのコックです。

今日は色々なお店に行って、相手(同伴者、店側の従業員問わず)に「一目置かせる」、「通ぶる」お話をしたいと思います。
ただこれは普段お酒を飲みながら食事をする時の私の経験則によるもので、多分に独り善がり、身勝手な考えになっています。
読者の皆様には反対意見やお叱りもあるかとは思いますが、現在のところ、それらは受け付けておりませんので、宜しくお願いします(^^ゞ  

皆さんも一生の中に、高級なフレンチのレストランや小洒落たイタリアンレストランに行く場合が何回かあると思いますが、そんな時にはボーイやソムリエを呼んで、こう言うんです。

「赤ワインを少し冷やしてもって来て」

「このステーキに合う白ワイン(又はこの魚料理に合う赤ワイン)をちょうだい。」
←まぁこれは極端な例ですが。


一般的に(お酒をお飲みにならない方はすみません)ワインはソムリエ任せ、或いは魚には白ワイン、肉には(それ程冷やしていない)赤ワインを頼む、又はソムリエに一任する、と言う方が多いのではないでしょうか。
その時点で相手に「飲まれています」。
ワインの好みなんて千差万別、人の意見に左右されるものではありません。

もしお好みがあれば、掟破りでも、ソムリエにはっきりと意見を言うと、「あ、この人は出来るな」と思わせる事が出来るのです。
その証はソムリエの表情や言葉に表れます…一瞬えっ?と言う顔をしますが、その直後にニコっと笑って「かしこまりました」と言う返事がきっと返ってきますから。
しかし、予め自分の好みである、(適温)を知っていなければ、全て台無しになりますのでご注意を。
色々なワインを色々な温度で試しておく必要があります。
にわか知識ではいけません。又、ソムリエに任せて召し上がりたいと言う方は勿論この限りではありません。

製品がどのようにしたら高価に買取ができるかといった、ご相談等も承っておりますので、是非、鉄・非鉄スクラップの買取などをお考えになりましたら、ライジングまでお声掛けください。

045-442-6905 (受付時間:平日8:00〜17:00)
お電話でのお問い合わせはコチラ 045-442-6905 受付時間:8:00~17:00